株式会社ファイネストアドバイザリー
関東財務局長(金商)第3210号
一般社団法人 日本投資顧問業協会
会員番号 第012-02912

週末特別コラム

2021年06月20日 10:00

今回のテーマは【隠れDX銘柄】について述べようと思います。


ワクチンの普及も着実に進んできて、気が付けば季節も夏に入っていこうとしていて
実に気持ちのいい時期になってきましたね。


そんな気持ちのいい時期はビールが飲みたい。
今アサヒから販売されている「生ジョッキ缶」が人気がありすぎて製造が追いつかず
販売を休止したといったニュースも話題になりました。


歴史も長く時価増額も2兆円を超えている大企業の人気商品を生み出す不断の努力に感服するばかりであります。


さて、アサヒといえばスーパードライや三ツ矢サイダー、MINTIA等の飲料や食料品のイメ
ージが強烈な企業ですが、実は【DX銘柄2021】に選定されているのはご存じでしょうか?
前身の【攻めのIT経営銘柄】時代を含めるとなんと7年連続の選定となっています。


【DX銘柄2021】とは東京証券取引所に上場している企業の中から、経済産業省と東京証券取引所
が共同で選定するもので、企業価値のを上げるためのDXを社内に構築し、優れた運用実績のある
企業が選定されるものとなっています。


実際にアサヒは2020年の4月に更なるDXの推進をしていく為Value Creation室を新設し、

その新設に伴って既存の戦略をよりDXでグループ全体の強化を図った

「AVC(Asahi Value Creation)戦略」として再構成し、

その「AVC戦略」が評価されての選定となりました。


一方チャートをみてみると

 


現在はコロナ禍以前の水準まで株価は戻ってきており、

また2018年の夏から約1年ほど続いていた4400-5100円辺りの攻防戦ラインも上抜けてます。


次は5500円後半での値段の定着がテーマとなってきそうですね。

値固めができれば約3年ぶりの6000円台も射程圏内にはいりそうです。大注目です。

 

今回【DX銘柄2021】に選定されたのは26社。アサヒと聞いてDXをすぐに連想ができる方も少ないと思います。

加速し続ける世界的な社会のデジタル化。固定概念を捨て、様々な角度から企業を見ていくことが大切ですね。

 


引き続き投資顧問へのご相談はファイネストアドバイザリーにお任せください!


・アサヒグループホールディングス <2502>
 

バックナンバー

週末特別コラム

2021年06月20日 10:00

週末特別コラム

2021年06月13日 10:00

週末特別コラム

2021年06月06日 13:00

最新の投稿

2021年06月20日 10:00

2021年▼

6月

5月

4月

3月

2月

1月

2020年▼

12月